AFAF会長 アンリ・ムリエごあいさつ

フランスフローラルアート協会について

アンリ・ムリエ

経歴

1950年、フランス南西部ガスコーニュ地方ジェール県で生まれる。

1977年にパリで初めてのブティックを開店。
ポンピドゥー大統領の時代からシラク大統領に至るまで、フランス歴代5名の大統領と25名の首相はじめ、多くの政治家・王室・皇室・財界・モード界の多くの方に長く支持されている。

同様に、国外でも花の創造活動によって「ムリエ・スタイル」を世界に広げている。その技術の高さは、国内外でのフラワーデザインのコンクールにおいて、審査員として例年招聘されている。

その功績が称えられ、フランス最高勲章Légion ďhonneur(レジオン・ドヌール)を受章。

現在、パリ7区・国会議事堂前に2店の花店を所有。

2003年11月AFAFを創設し会長に就任。現在に至る。

 

ムリエのお店のサイト(Moulié Fleurs)はこちらから
ご覧ください。フランス語と英語でご紹介しています。

ごあいさつ

Bienvenue à tous,
Avant tout, je tiens à exprimer ma joie d’assumer la présidence de l’AFAF. Cette association illustre parfaitement à mes yeux la notion d’ « échange ».
Echange culturel : le croisement de deux civilisations, deux cultures unies par une même passion : le goût de l’esthétique né du travail des végétaux.
Echange de savoirs : plus qu’un simple cours, l’AFAF propose une plate-forme d’enseignements. Elle permet aux élèves comme aux professeurs de partager différentes techniques d’apprentissage et de perfectionnement dans une synergie de groupe riche d’enseignement.
Nous avons beaucoup à apprendre de ces échanges, qui je l’espère, prospèreront dans un avenir proche et permettront, à terme, un « enseignement pluriel » à mi-chemin entre classicisme français et Ikebana japonais.

Le président : H. Moulié

 

 

 

 

 フランス・フローラル・アート協会の主宰をさせていただくことに大きな喜びと幸せを  感じております。

当協会の存在は、私に「エシャンジュ」(交流)という理念を明らかにしてくれます。


「文化の交流」:花卉・植物による創造・表現という美意識、パッション(熱情)の共有で、異なった日仏の文化の出会いと交流。                       

「知識の交流」:フランス・フローラル・アート協会の研修は単なる授業に終わることなく、初心者の方には種々の技術(テクニック)を教授・練成、師範の方にはグループ製作における新技能取得研修といった知識の交流の場を提供して行きたいと思って居ります。

 
 
協会活動を礎に、「フランス古典主義フローラル」と「いけばな」の「中間」に位置づけられる、広がりと奥行きのある新しい花の運動が、近い将来大きく発展し成長していくものと切に望みます。


                     会長 アンリ・ムリエ