2019年スタートの新企画

パリからの花だより ~Yuko Santiago さま~

 No.5 

皆さんこんにちは。

あっという間に4月も半ばを過ぎてしましました。東京の桜はもう散り始めていることでしょうか。

こちら、パリ郊外のソー公園の八重桜が有名でそこが今満開のようです。
私は桜の時期にはいったことがないので、いつか行ってみたいと思っています。

 

さて、今回は先日ニース、マントン、南仏に行ってきましたので、南仏のお話です。

パリから飛行機で1時間ちょっと、ニースにはあっという間に到着しました。

今回の1番の目的は、
マントンにある3星レストラン、Mirazur ミラジュールに行くことでした。

友人の友人、日本人のシェフの子がそこで働いているということで、きっかけがないと行かないし、せっかくなので1か月前から予約確認、満席で、無理かなと思っていたのですが、なんとか私たちのために1席用意してくれました。


流のフラワーアレンジメントを作るのには、たまにはリュクスな思いをしないといけないのでね、といい聞かせ。。。

海沿い、マントンニースからさらにバスで約1時間、イタリアの国境まで500メートルという位置にレストランはありました。

3星のレストラン、もちろん初めて行きました。

ミラジュールは魚は毎日漁師さんがその日取れたものを、パンももちろん自家製、ハーブや野菜の1部は庭で自家栽培したものを料理に取り入れているそうです。


お写真を少しおすそわけ。。。

味が感動的なのは言うまでもないのですが、シェフの素材へのこだわりや、その料理のチーム、サービスの心づかい、受付の対応など、レストランで働く人たちが素晴らしいからこそ、料理もさらに素晴らしくなるんだなと思いました。

今ここで修行を頑張っている日本人の子の将来が楽しみだな、と影ながら応援したくなるのでした。

お腹が満たされたのはもちろんのこと、心が満たされた1日となりました。

 

道脇ににストレリチアが咲いていました。

 

さて、お次はニースの花市場です。

ニースの旧市街、サレヤ広場にある花市場。元気いっぱい、カラフルな花で溢れていました。

そして値段の安いこと!!ランジス市場より安いかも。。。

聞いちゃいました!
どこから花仕入れているの?と。

何言ってるの、ここのエズの花にきまってるでしょう。
あとは週に2回イタリアの生産者に直接買いに行く、
とのことです。

 

 

思わず、花買いました。

その他、野菜も太陽を浴びてとても生き生き見えました。

ちょっとしたおみやげになりそうな、石鹸やスパイスも

いやー、南仏、実は8年ぶりに訪れたのですが、太陽、海、そしてたくさんの花、とてもいいところと改めて思いました。

ニースでフラワーアレンジメントのレッスン、、企画したくなりました!!

それではまた次回。

2019年4月22日更新

                                                                   ▲クリックすると、上に戻ります▲

You Tube のご紹介

パリ在住の友人が、ある日のパリの風景をそのままお送りします。

こちらからご覧ください。

アンリ・ムリエ
ギャラリー

ごあいさつ

HENRI MOULIE
アンリ・ムリエ

フランス最高勲章=レジオン・ドヌールを受章しているアンリ・ムリエが会長を務めております。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

03-3423-7100

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。