会員資格と入会について

会員資格と入会について

AFAF会員の種別と資格について

 

協会の会員には・・・

一般会員、技術会員、賛助会員、名誉会員の4種があります。

 

技術会員は、それぞれのフランスフローラルアート検定の合格者によって、各資格の称号が授与されます。

これらの資格称号は、AFAF会長アンリ・ムリエが認定した各レベルのカリキュラムを履修し、実技試験と学科試験に合格された方に対して発行されます。

またAFAF認定校でも、上級にあたるフローラルプロフェッサーまでの各フランスフローラルアート検定が実施されます。

 

AFAF会員組織図

入会の方法と<履修システムのご案内>

AFAFへご入会頂くには、2通りの方法がございます。

1)AFAF認定校へのご入校
・これからフラワーデザインを始めてみたいと思っていらっしゃる方
   ⇒ハサミやフローリストナイフの使い方から懇切丁寧にご説明いたします。

・以前習ったことはあるけれど、途中で辞めちゃったからもう1度習いたい…
   でも全くの最初からはイヤだわと思われている方
     ⇒ご自分のレベルに合ったクラスからお始めいただけますので、お近くの認定校へ
        ご相談ください。

認定校一覧はこちら

2)本部にて受講
・フローラルアート歴5年以上の方ならどなたでも、本部で行うフランス人講師による
  セミナーを受講していただけます。最短1日のセミナーとフランスフローラルアート検定(フ    ローラルディレクター)に合格されますと認定校への道が開けます。

受講のご案内はこちら

履修システムを表でご説明いたします。

                                                                          ▲クリックすると、上に戻ります▲

メリット

 

​ AFAF会員には、フランスのフローラル情報が掲載された会報誌が届きます。

 

 AFAFのカリキュラムを学ぶことで、暮らしの中にフランスのエスプリを生かせま す。

 

 パリセミナーでは、パリ7区(エリゼ宮のある街区)のムリエ会長のブティックで お花を選び、ムリエ会長とその友人達から多くのフローラルアートを学ぶことができます。

サンプルです。

AFAFフローラルディレクターの会では、ディレクターの皆さんに、事務局で自由なテーマで作品を作っていただいて写真に収め、作品の意図を記して会長・ムリエに送ります。そして、後日直筆のコメントが記された用紙がパリから返送され、和訳したのち皆さまにお送りします。

制作の時間は、テストではありませんので、日常の認定校でのレッスンや作品制作の中で疑問に感じた事を、参加者同士で確認できます。

また情報交換や活動などの近況をお話しされたりして、和やかに楽しく過ごしていただくのがこの会の目的です。(右の画像内の文章です。)

 AFAFフローラルディレクターの資格取得者には、AFAF認定校の道が開かれます。AFAFオリジナルテキストを用いてAFAF4コースを教えることができます。

 

AFAF認定校では、デコレーター(初級)アーティスト(中級)プロフェッサー(上級)の検定を実施して資格の認定と認定書の授与ができます。

 

入会金と年会費は…

入会金 5,000円

年会費 一般会員 6,000円  技術会員 12,000円

お問合せは

ご入会に関して、ご質問などございましたら、ご遠慮なくお尋ねください。

                                                                          ▲クリックすると、上に戻ります▲